このページを印刷する

医薬臨床研究支援事業

企業情報 グループ事業紹介
SOIKEN

株式会社総合医科学研究所

〒560-0082 
大阪府豊中市新千里東町1-4-2 千里ライフサイエンスセンター13階
TEL 06-6871-8888  FAX 06-6871-8899

株式会社総合医科学研究所(http://www.soiken.info/) 

医師主導型の医薬品等の臨床研究・疫学研究を支援

 医薬臨床研究支援事業は、EBM(Evidence Based Medicine=科学的根拠に基づく医療)の構築等を目的として医療・医学に関連した財団法人、特定非営利法人等が主体となって行う医師主導型の医薬品等の臨床研究および疫学研究等の支援業務を受託する事業です。当社グループの有する医療機関パネル、様々な医師組織・団体とのネットワーク、専門性の高い人材、エビデンス構築のためのノウハウや経験等の強みが活きる事業となっております。

 昨今の医学・薬学の進歩やEBMの概念の普及にともない、臨床研究の重要性が高まっています。このような背景から、医薬臨床研究支援事業需要も旺盛であり、順調に受注を伸ばしております。特に当社グループが得意とする糖尿病領域においては従来の薬と作用機序が異なる新薬が次々と開発されており、臨床研究の増加が予想されることから、スタッフの増員や提携医療機関の確保を通じた事業基盤の拡充も進めながら、新たな収益の柱となり得る事業として注力しております。

医薬品の一生と医薬臨床研究支援事業

医薬品の一生と医薬臨床研究支援事業

剤形受容性調査の受託サービス

 医薬臨床研究支援事業では、株式会社社会情報サービス(http://www.ssri.com/ )と提携し、薬剤の剤形受容性に関する調査の受託サービスを行っております。

 欧米で販売されている薬剤が日本で発売される場合等において、欧米人と日本人の体格差等に起因して、欧米で販売されているものと同形状、同サイズの剤形では、患者の服用の際に嚥下が困難である場合があることから、剤形の受容性の調査が求められます。

 通常、剤形に関する調査は、医療関係者や患者による実薬または製剤見本の外見の評価、製薬会社の社員による試飲等に留まりますが、本サービスでは、臨床の現場において実際のユーザーとなる当該薬剤の適応疾病の患者を対象に、客観的、科学的な分析を行うことにより、より適切な剤形受容性の評価を実現します。

 本サービスの活用により、患者においては薬剤の服用にかかる過剰な負担を回避でき、治療の効率的な運用に資することになり、製薬企業においては販売の極大化につながることが期待できます。

ページの先頭へ戻る